×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

乳腺炎

乳腺炎と一口に言っても大したことがないものからそうでないものまで多種多様ですが、母乳マッサージを施したり、母乳の与え方や口にする食べ物の見直しを図っても、少しも症状が良くならないこともあるでしょう。
こういった際には、重い乳腺炎にかかっているとされ、乳房にしこりができて痛みもあり、さらに乳房が熱を帯びた状態で、風邪を患ってもいないのに高熱にうなされ寒気を感じます。
こうした状況は、乳房の中に膿が生じてどんどん溜まってしまうので、乳腺の切開を行うという対策を取らざるを得なくなります。
乳腺を切開する場合、乳腺外科に行く必要がありますが、ないという人は外科で対応してくれます。
手術で乳腺を切開する場合、乳房の部分に局部麻酔をし、乳腺を切開してその部分から膿を出していきます。
多くの場合、術後そのまま家に帰ることが可能で、それから一ヶ月くらいは病院に通う必要があります。
切開を行ったところに管を挿して、一定期間はその箇所から膿や母乳を排除する方法がとられます。
そうして、患部の消毒を施し、消炎剤や抗生物質といった薬が出され、ある程度の期間服用する方法をとることになるでしょう。
手術の後の様子を見ながら何日か過ぎたら、再度赤ちゃんに母乳をあげることができるでしょう。
処方される薬は、母乳育児を行っていても大丈夫な薬が出されるでしょう。
乳腺炎を招いても、切開手術を行わなくてはいけない人は大変少ないと捉えられています。
深刻な乳腺炎を患ってしまう場合、一定の理由があるものなのですが、一番の理由は不摂生です。
食事に気を遣い正しく授乳を行っているなら、乳腺炎の症状は進行する率は低いと言っても大袈裟ではありません。
それから、乳腺炎の中でも軽症のものであったとしても何も対処せずにいると症状が悪化して、切開を避けられなくなります。
少しでも早期に治療を実施して、母乳マッサージをしたり、授乳の仕方や食事の面を改めることによって、危機的状況を回避することが可能となるでしょう。